地域福祉権利擁護事業とは


認知症や知的障害、精神障害のある方で判断能力が不十分な方が、地域で安心して暮らすために社会福祉協議会専門員がお手伝いをするサービスです。


ご利用するには、ご本人と社会福祉協議会との契約が必要になります。


どんな人が、つかえるの?


自宅やアパート、グループホームやケアホームなどで生活をしている人で、お金の使い方や支払い、書類の書き方や、お金の管理などで困っている方などです。


どんなお手伝いをしてくれるの?



  1. ご本人が、どんな福祉サービスが使えるかお知らせします

  2. 福祉サービスを使う時の手続きなどを手伝い

  3. 市役所へ出す書類の手伝いや、家賃・水道代などの支払いの手伝い

  4. 給料や年金が入るまでのお金の使い方を一緒に考えます

  5. 年金通帳や預金通帳・契約書などの書類を預かります         など


サービスを申し込むには?


  地域福祉・後見支援センターあきしまに相談をしてください


        相談は無料です   


利用料金(契約後は、費用がかかりますが減免制度があります)



  1. 福祉サービスの利用援助などをおこなう場合                  1,000円(1時間)

  2. 通帳をお預かりして、福祉サービスの利用援助をおこなう場合       2,500円(1時間)

  3. 書類等のお預かり                                  1,000円(1ヵ月)                   *減免条件と減免額*                                                      ・市町村民税が非課税で預貯金総額が300万円以下の方    半 額                   ・生活保護受給の方                            免 除(書類預かりのみ半額)


 申込からサービスが始まるまで


相談の受付(無料)  訪問・相談・打合せ(無料)  契約書・支援計画の作成(数回になる事もありますが、無料)  契約(無料)  サービス開始(有料ですが、減免制度があります)