昭島市ファミリー・サポート・センター

会員の資格 | 活動の流れ | 活動の範囲 | 利用料について | 会員の心得 | 補償保険制度について

会員の資格

1.利用会員・・・子育てを応援してほしい人
・生後2ヶ月から満12歳までのお子さんをお持ちの人
2.協力会員・・・子育てを応援したい人
・20歳以上で支援活動に熱意を持って協力できる人(男女は問いません)
・原則として、当センターが実施する講習会を受講していただきます。
 
* 利用会員と協力会員の同時登録も可能です。・・・両会員

会員登録必要なもの
▽年会費 500円 (協力会員は不要)
▽顔写真 (3cm×3cm) 2枚 (親の写真)
▽印鑑 
▽申込書 入会申込書(PDF) 児童名簿(PDF) ※記入して持参してください。
 

 ★会員登録するためには、事業の趣旨を理解していただくために説明会に参加していただきます。説明会の日程は、「社協・広報誌ふれあい」や「広報あきしま」に掲載しています。(申し込みが必要です。)説明会参加後、会員登録が可能です。

活動の流れ

  1. まず、ファミリー・サポート・センターの会員になっていただきます。
  2. 利用会員は、支援が必要になったらセンターに電話で申し込みをします。
  3. センターは、協力会員の中から依頼条件に合った方と連絡をとり、対応可能かどうか確認を取ります。
  4. 利用会員と協力会員の事前打ち合わせを行います。 (支援の内容、時間、預ける子どもの状態をできるだけ詳しく)
  5. 支援活動開始。協力会員は「活動報告書」を記入します。
  6. 支援活動終了後、利用会員は「活動報告書」に確認印を押し、決められた利用料を協力会員に支払います。
  7. 協力会員は、1ヶ月分の活動報告書を翌月10日までにセンターに提出します。

 

 

活動の範囲

※原則として、お子さんを預かる場所は、協力会員の自宅です。宿泊をともなう援助は行いません。

 

利用料について

平日・土曜日 午前9時から午後5時 1時間あたり 700円
上記以外の時間 1時間あたり 850円
日曜日・祝日 終日 1時間あたり 850円

 

会員の心得

この活動は、知らない者同士が助けたり助けられたりの相互援助活動です。
幼い子どもの大切な命と心を託しますから会員同士の信頼関係がとても大切です。
センターの趣旨をよく理解し、きまりを守って活動しましょう!

 

補償保険制度について

センターでは、活動中の万一の事故に備えて、補償保険に加入しています。

・会員傷害保険
協力会員が支援活動中に傷害を被った場合に補償するものです。
・児童傷害保険
利用会員の子どもが保育サービスを受けている間に傷害を被った場合に、協力会員の過失の有無にかかわらず補償するものです。
・賠償責任保険
支援活動中に、協力会員の監督ミスで第三者の身体または財物に損害を与えたことにより、法律上の賠償責任が生じた場合に負担する賠償金等を補償するものです。
・研修・会合傷害保険
当センターが主催する研修・会合中又は、その往復途上ににおいて傷害を被った場合に補償するものです。